• 翔凜中学校
  • 翔凜高等学校

国際教育

翔凜の英語

英語や英会話の学習時間は公立の約2倍の設定となっており、「英語の翔凜」ならではのカリキュラムです。また、海外への修学旅行をはじめ、ホームステイ、交換留学生の受け入れなど、多彩な体験によってグローバルな視野を広げ、理解を深めることができます。

ネイティブ英会話

「英語を好きになり、
英会話を上達させるための秘けつ」 私たちが教えます。

言葉ですから、英語は使わなければ意味がありません。テストは生徒のレベルをチェックするために重要ですが、英語をコミュニケーションの手段として使えるようになることはもっと重要です。さあ、一緒に英語で楽しく話しましょう。

鈴木・エリン・ブルーニ先生

英語検定

生徒たちは積極的に検定にチャレンジします。特に英語検定は全員が受験し、中3 までに英検3 級はもとより、中1、2 年で英検2 級・準2 級を取得できます。準1 級や「TOEFL」・「TOEIC」・「GTEC」にもチャレンジできます。

英語コンテスト(スピーチ)

校内で選ばれた生徒が地区の英語コンテストに出場。毎年地区大会を勝ち進み県大会に出場し、入賞はもとより優勝する生徒もいます。地区大会では、11年連続学校賞1位をとっています。

英語コンテスト
高校生
高校生ディベート部門
世界大会
ベスト16

海外への修学旅行

日頃の成果が海外でどれだけ出せるか、現地校との交流会や地元の大学生と1日散策など…。空港から始まり、買物や食事の時、ホテルの中や会話や国境を越える時など、すべて英語を試すときです!また、マレー語や中国語にも触れます。

海外ホームステイ

中学校の短期ホームステイは、フランス・オンブローザ外国語学校とニュージーランド・パラパラウムカレッジとの提携により、日常的に外国語を使用する好環境が実現しました。ホームスティは、海外の生活や習慣、文化を学べるだけではなく、生きた英語に触れる絶好の機会です。

高校課程プログラム

第2外国語

高校2年生から選択科目
韓国語と中国語を設定。

日本は、韓国や中国をはじめとするアジアの国々との交流がさかんです。韓国や中国の文化に触れることは、グローバルな視野を広げる、大変よい機会となっています。

グローバル理解 独自科目

社会の第一線で活躍する先生の授業は興味深く、奥深く。
グローバルビジネスの第一戦で活躍された先生の授業は、実体験に基づいた奥深い話ばかりです。高3「グローバル理解」の授業では、グローバルな視点で世界を俯瞰すると共に日本の素晴らしさを再発見します。世界に目を向け、日本人としての誇りを忘れない、これがグローバルな人材です。いつでも見学可能な授業です。

グローバル理解 特別講師 福田 晴好
昭和39年、東京外国語大学イタリア語学科卒業、同年4月に日産自動車株式会社入社。昭和59年よりスイス日産株式会社 代表取締役社長、海外計画部部長、商品企画室主管を経験。平成3年、日本ゼネラル・モーターズ株式会社 取締役副社長。平成8年、ジャガー・ジャパン株式会社 代表取締役社長。平成14年4月より本校特別講師として高校の『グローバル理解』の授業を担当。

海外への修学旅行・ホームステイ

雄大な自然とあたたかな人柄。
ホームステイで異文化体験。

7泊8日の旅行のうちの半分が、ホームステイ。これが修学旅行の最大の楽しみ。最初はちょっと不安がっている生徒でも、ホストファミリーとすぐに仲良し。別れるときには誰もが笑顔と涙…。

岡田 茉香 さん

岡田 茉香さん

市原市立双葉中学校(千葉県)出身

【ネイティブ英会話について】
スピーキング力、リスニング力の向上を実感!

ネイティブの発音を授業の中で聞くことができる環境は、英語力アップの早道だと思います。まして、英語の授業数が多いため、毎日英語に触れられますし、自分のスピーキング力やリスニング力が、日々向上していることが実感できます。スピーキングの練習では、相手にわかりやすく伝えることを心がけて授業に臨んでいます。

鈴木 功美 さん

鈴木 功美さん

館山市立第二中学校(千葉県)出身

【ネイティブ英会話について】
自然に英語で考えて話す力が身につく!

授業ではペアやグループになり、ディベートを行うこともあります。学んだ英語を授業で実践する機会が多く、自然に英語で考え話す力がつきます。また、周りには留学生が多いので、海外の生徒とのコミュニケーションからグローバルな考え方ができるようになったと感じています。

北野 ソフィア杏奈 さん

北野 ソフィア杏奈さん

南房総市立白浜中学校(千葉県)出身

【英語検定について】
大勢の前でも自信を持って英語を話せます!

英検1級を目指し、過去問を繰り返し解くことと、語彙をふやすことに重点を置きました。無事1級に合格しましたが、これは翔凜で日常的に英語を使う環境にいることも大きいと思います。スピーキングの練習や英語ディベートを通して、大勢の前で自信を持って英語を話す力がつきました。

高木 佑理 さん

高木 佑理さん

翔凜中学校(千葉県)出身

【帰国子女について】
苦手の古典を克服中!

私がいたオーストラリアでは授業でパソコンを使用したり、プレゼンテーションをしたりすることが多かったです。翔凜でも似たような授業があるので、スムーズに溶け込めたと思います。古典が苦手ですが、単語と文法を集中的に勉強しています。

唐 芊 さん

唐 芊さん

北京市月壇中学校(中国)出身

【日本語コンテストについて】
千葉県日本語スピーチコンテストで3位に!

日本語の発音が難しかったので、早口言葉を使って練習しました。また、メンターとのやり取りは、できるだけわかりやすい言葉を使い、自分の考えを相手に伝えるようにしました。メンターと互いの国や文化について理解を深め、グローバルな視野を持てるようになりました。

門馬 葵 さん

門馬 葵さん

君津市立松丘中学校(千葉県)出身

【日本語コンテストについて】
異文化交流により興味の幅が広がった!

パートナーを組む留学生とアニメーションや共通の趣味を通して、互いの考え方や感じ方などを理解するようにしていました。練習の際は、相手が聞き取りやすいように、はっきりとゆっくりと話すよう心がけ、スピーチ時間を計測したり、時間内に読み終える練習をしました。異文化交流により、興味の幅が広がったように思います。

進学実績

進学実績
前年度から2倍以上の伸び率を誇る翔凜中学校・高等学校の進学実績をご覧いただけます。
詳細はこちら

施設紹介

施設紹介
400名収容の多目的ホール「SHORINホール」をはじめ、ランチハウスや図書室など、翔凜中学校・高等学校の施設を紹介!
詳細はこちら

年間行事

年間行事
翔凜中学校・高等学校のキャンパスカレンダーをご覧いただけます。※行事は変更になる場合がございます。
詳細はこちら

グローバル教育

グローバル教育
英語教育に力をいれた翔凜中学校・高等学校ならではのグローバル教育をご紹介します。
詳細はこちら

  • 翔凜中学校
  • 指導理念
  • 中高一貫教育
  • グローバル教育
  • 教員紹介
  • クラブ活動
Get Adobe Flash player